メニュー

ぶらり訪問シリーズ 栗東歴史民俗博物館 - 暮らし不動産-関西の田舎暮らし・別荘、リゾート物件探し

日・祝除く:(9:00~18:00)

06-6533-0757

日・祝は案内業務のみ営業

お問い合わせ

06-6533-0757
日・祝除く:9:00~18:00 日・祝は案内業務のみ営業

取材日記

s S 11411468

ぶらり訪問シリーズ
~栗東歴史民俗博物館~

2018/08/25

皆さんこんにちは!久々のブログ更新となり申し訳…続く

ありません。新しく作ったサイトの修正作業、また次は契約しているサーバー会社のエラーにと立て続けに問題が勃発。悪い時は続くもんですね~。こんな時は釣りと一緒で釣れない時は竿を置いて寝る!ぐらいの気持ちでジタバタせずに時を待っていたという所でしょうか...。多少は忙しさに感けて...。いやいや、これから取材日記をまたコツコツと更新していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

で、今回は暫く間が空いた為、「田舎暮らし」らしいネタで行こうと思います。

先日、滋賀県の栗東市に行っていました。

栗東市は滋賀県の南西部に位置し、はかりの生産量がなんでも日本一だとか。

また栗東駅や名神高速の栗東ICもあり交通の便も良い町で人口も急激に増加し

駅前は都会と様変わりしない様相です。

またJRAの栗東トレーニングセンターがあることから馬の町としても知られ

町を走っていると馬にちなんだ店名のお店なども面白い所です。

 

 

栗東には用事があって来たのですが、暫く時間が空いたのでその空いた時間に

栗東歴史民俗博物館に寄ってきました。

栗東歴史民俗博物館

場所は栗東ICから車で3分ほどの場所にあり、図書館と並んで博物館はあります。

少し入り口はわかりずらい場所ですが、博物館前には古民家カフェなどもあり、駐車場入り口はその古民家カフェが目印です。

 

 

 

s S 11411468

博物館について最初に目についたのがこれ!立派な茅葺の古民家です!

職業柄でしょうか。博物館の中よりこっちの方が先に見たい!てな事で早速拝見!

 

 

 

s S 11411470

この古民家は築153年の古民家で元々は現在の栗東駅からすぐの場所にあったものを、持ち主から寄贈を受け

ここに移築されたもので登録有形文化財にも指定されています。

 

 

 

s S 11411469

こちらが入り口となり、見学は無料でガイドのおじいさんが居て色々昔の暮らしについて

教えてもらいました。また茅の上に白いものがありますが、あれはアワビの貝殻でカラスが茅を

抜いていくので、鳥よけに昔、この地域ではどこのお宅も乗せていたそうです。

 

 

s S 11411471

玄関横にお約束のごえんもん風呂です!

奥の小窓?から薪を入れている人に湯加減を知らせていたんですね~

 

s S 11411476

近代的に再生された古民家とは違い、昔の趣がそのままでとても良い感じです。

 

 

s S 11411480

玄関を潜ると最初に目についたのがコレ!この資料館では定期的にイベントを開催していて

このおくどさんで実際に調理をし皆さんにふるまうイベントもあるらしいですよ。

この日も真ん中の茶釜には火が入り、いい感じでした。

 

 

s S 11411477

わかりづらいですが、これはウマヤと言われる牛舎でちょうどおくどさんの向かいぐらいにあります。

田仕事に機械が使われる以前は、牛は農家にとって田仕事をする際の貴重な労働力で家族のように大切されて屋内で飼われていたそうです。

牛舎は一般的には屋外にあることが多く、この様に中にあるのはめずらしい事で地域的な習わしみたいなものを感じられ面白いですね。

 

 

s S 11411479

他にも様々な当時の農機具が展示されています。またここのガイドさんがどの様に使ったかなど実際に見せてもらえるので

かなり知識が増えました!

 

 

s S 11411481

室内もまんま昔のままです!

 

 

s S 11411485

s S 11411484

s S 11411486

これらは当時の照明です。ろうそくは高価なもので、ほとんどは油が主流だったとか...

また今となってはお洒落な感じですね。

 

 

 

s S 11411490

s S 11411491

これを見て懐かしいと思われる方も多いのでわ?昔の炬燵ですね。

 

 

 

s S 11411497

この上に並んでいるのは提灯らしいです!提灯は必ず家族分置いてあり夜外出する際も提灯を持って出て歩いたとか。

また提灯の家紋で夜でもどこの誰かわかるようになってたらしいです。なんか時代劇の世界ですね。

 

 

 

s S 11411496

箱から出して普通に見せて戴いたのですが、これ江戸時代のものらしいです。

 

 

 

s S 11411498

 

s S 11411503

その他にも、色々昔のものが展示されており凄いのは、この民家にあった昔からのものが

そのまま展示されている点です!

 

 

s S 11411500

s S 11411501

この茶窯もかなり当時のものとしてはかなり良いものなんでしょうね~。

 

 

親切なガイドさんに色々教えてもらい、貴重な時間となりました。

古民家はいつも思いますが昔の人の知恵の塊みたいなもので、まるで忍者屋敷。例えがズレてるかも知れませんが...

またその地域、地域によって色々な特徴があって面白いです!

また博物館も平安時代からの仏像や陶器など多数展示されていて、こんなのどうやって運んできたかの方が

気になる大きな仏像などもありこちらも結構見ごたえのあるものでした。

 

ここでふと思ったのですが、私もいよいよ博物館を楽しめる年齢になったんですね。(*´з`)

 

こちらの博物館のホームページのリンクを張っておきます。

ご興味のある方はぜひ覗いてみてくださいな。

http://www.city.ritto.lg.jp/hakubutsukan/

 

ではこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 三和開発コンサルタント株式会社 All Rights Reserved.